Black Shark 2は世界最高レベルのタッチ感度?

ゲーム好きな方には、画面をタッチした時にしっかり反応してくれるもの、ゲームをしたいなと思った時にすぐに起動してくれるストレスのない「Black Shark 2」をおすすめします。中国の家電メーカーシャオミの最新スマホは、240Hzのタッチレポートレートと約43.5msの反応速度で、シビアな操作を要求されるタッチゲームも快適に楽しめます。ゲームをしていて、画面をタッチしたはずなのに反応しないと非常にストレスが溜まります。こんな時は、是非タッチ感度も最高レベルのスマホを選ぶことでゲームをする時間がもっと快適に楽しくなるはずです。ゲーム好きな方は、スマホ本体とは別にゲーム用のキーボードを購入される方もいますが、Black Shark 2の世界最高レベルの入力応答を是非試してみてください。キーボードなしで快適なゲームライフを送りたい方、是非おすすめです。スマホのタッチ反応が遅くてストレスな方にも、是非試して頂きたいです。

間違えてはならないクラウドファンディング

起業するにしろ何かをする為には元となるお金や部品などのものが必要です。人によっては一人で企業して成功する人もいるし、何人かのグループみたいなのを作り成功させる人もいます。しかし大体はそれだけでは補えないほど大量のお金や部品などと言ったものが必要になります。そうなるとネット上でお金を集めたり部品を集めたりするやりとりが増えてきます。そんな中でクラウドファンディングというのを紹介していこうと思います。このクラウドファンディングというのが、先ほど述べたようなやりとりを、簡単に言うとクラウドファンディングを運営するサイトなんかのことを指します。今回はそんな中でもスマホについて書いていこうと思います。実はこのやりとりにも違法な物があるのです。部品で例えるならば、外国やクラウドファンディングを使って、スマホとしての部品を輸入した場合牢屋行きになる事があるそうです。だからこの機能を利用する際には、しっかりと調べてから利用するようにしましょう。

指紋認証に対するアップデート

スマートフォンでカメラやボタンがないフル画面のスマホなら特にそうなのだけれども、感度が悪かったり反応しなかったり不具合が多い。これに関しては私の個人的な意見な為、全てのスマホがそうであるというわけではない。そのためスマホ選びの時にフル画面のスマホを使うかどうかの判断基準の一つでもある。今回はそういうスマホに対する指紋認証のアップデートについて書いていこうと思う。アップデートの内容は超音波方式のディスプレイ指紋認証機能が付くことだ。この超音波認証は普通の光学方式と比べるとかなり感度がいいようだ。私はボタンがあるほうが嬉しいので、あまりフルスクリーンのスマホは使わないタイプなのだが、その理由としては感度が悪いのも一つの理由だったりする。その為感度が良くなるなら、わざわざボタンがあるスマホにこだわる理由が減る。なるべく色々なスマホを使いたいと思うし、興味もある。そして値段もiPhoneより安いのも沢山あるから嬉しいアップデートだ。

ウェブ会議システムには無料版と有料版がある

ウェブ会議はインターネットに接続することで音声と映像をリアルタイムにやり取りできるシステムですが、このウェブ会議には無料で利用できるものと有料で利用できるものがあります。
では、ウェブ会議システムの無料版と有料版の違いは何でしょうか?
当然のことながら無料版は利用料金がかかりませんし有料版は利用料金がかかってしまいますが、この他には機能面での違いが生じてきます。
ウェブ会議の無料版では接続が不安定になることがありますが有料版は比較的に安定していますし、利用人数は有料版は複数人数が可能になるのに対して無料版は1対1になることが多いです。
また、ウェブ会議の無料版では基本的に録画する機能がありませんが、有料版の場合はシステムによって録画機能が付いていますし、無料版にはカスタマーサポートがありませんが有料版には手厚いカスタマーサポートがあります。
ウェブ会議の無料版と有料版にはこうした違いがありますが、最初は無料版で試した方が良いと言えます。

働きやすい職場環境とは 働き方改革に取り組んでいる酒造会社を視察

積極的に働き方改革に取り組んでいる高知県安田町の酒造会社を高知労働局長が視察しました。社員同士のコミュニケーションを積極的にとることで働きやすい環境が作れるということです。今月の過労死等防止啓発月間に合わせて高知労働局が視察したのは安田町の酒造会社土佐鶴酒造です。土佐鶴酒造では20年以上前から、日本酒の原料を貯蔵するタンクの温度管理を機械で行うようにしたり、瓶にラベルを貼る作業を手作業から機械に切り替えたりと、効率化を進めてきました。しかし継続的かつ大規模な設備投資は難しいため、役員が積極的に社員に声をかけ風通しをよくしたり、社員の誰かが休んでもカバーできる環境を整えたりしてきたということです。高知労働局は中小・零細企業が多い県内は、土佐鶴酒造のような「費用のかからない」働き方改革が参考になると話しています。高知労働局では「県内の多くの企業で働き方改革を促進してもらいたい」と話していました。

「ダビンチ」で呼吸器外科手術 栃木県内初、足利日赤が成功

【足利】五十部(よべ)町の足利赤十字病院でこのほど、内視鏡手術支援ロボット「ダビンチ」を使用した、県内初の呼吸器外科の手術が行われて成功しました。ロボット支援手術は4月から保険の適用範囲が大幅に拡大されていて、同病院では今後、消化器外科や泌尿器科などさまざまな分野で活用を進めています。同病院によると、手術は10月15日に行われました。執刀したのは呼吸器外科の橋本浩平(はしもとこうへい)部長(39)です。患者は60代男性で、肺の間の「縦隔(じゅうかく)」と呼ばれる部位にできた腫瘍を切除しました。ダビンチは「サージャンコンソール」という機器に座った執刀医が、遠隔操作でロボットアームと3D内視鏡を操る。内視鏡は物体を立体的に見ることができ、手ぶれ防止や拡大の機能もあるということです。手術の際、傷口が小さく出血も少量で済むため、術後の回復が早いといった特徴があります。今回の事例では、手術時間が約3時間で翌日には歩行が可能となり、3日後には退院したということです。
遠隔操作 パソコン

一般社団法人全日本ピアノ指導者協会のテレワーク

ピアノ指導者の育成やコンクールなどのイベント運営、研究補助などを行っているのが「一般社団法人全日本ピアノ指導者協会」です。
この企業では2000年1月からテレワークを導入しており、平均して概ね週2~3回でテレワークを実施しています。
テレワークを導入したきっかけは従業員が事務所外の方が集中できると感じて試験的にモバイルワークを導入したことで、その後は優秀な主婦層の発掘があり、そこから本格的なテレワークでの在宅勤務を取り入れるようになりました。
また、データメンテナンスや入力業務、経理処理などもテレワークで行っていますし、テレワークを中心としている従業員のパソコンにはリモートソフトウェアをインストールして活用しています。
こうしたテレワークを実施するようになって経費節減効果や人材の確保効果、ワークライフバランスの実現などの効果がありますし、社内ではテレワークがないと困るという空気感があるとされています。

働き方改革は業務へのAI導入によって加速させる

最近、働き方改革やワークライフバランスなど、「仕事の充実」「生産性の向上」「生活の質の向上」を目的にしたキーワードが注目されるようになってきました。特に世間で着目されているのはなぜか「残業がなくなるか」という論調が多いのです。なぜ今、働き方改革なのか。それは少子高齢化が進み、日本の人口、特に生産年齢人口が想定している以上のペースで減少している点が一つに挙げられます。経営の4要素である「ヒト、モノ、カネ、情報」のうち「ヒト」がこのままでは確実に減っていくという事実であり、今までの働き方では、社会を維持することさえ不可能になっていくことは目に見えているわけです。このように生産年齢人口が減っていく、つまり労働力の不足を解消するためには、「働き手を増やす」「出生率を上げる」「生産性を上げる」の3つを確実にクリアする必要があります。これらの中で、ここでは特に「働き手を増やす」「生産性を上げる」という点に着目しているのです。

ヴァル研究所とインターコム、「総務・経理部門の働き方改革」で協業

ヴァル研究所とインターコムは10月9日、「総務・経理部門の働き方改革」を実現するソリューションの提供で協業すると発表しました。協業開始に当り、ヴァル研究所の精算業務支援サービス「駅すぱあと 通勤費Web」「駅すぱあと 旅費交通費精算Web」とインターコムの明細電子化サービス「Web給金帳Cloud」を連携し、通勤経路明細書や交通費精算明細書の電子化と従業員への自動配付を可能にする「Web給金帳Cloud」の連携オプションを11月上旬に提供を開始します。ヴァル研究所では、日々の通勤費や交通費などの申請・管理業務をシステム化することで業務の効率化と労働時間の削減を実現しています。一方、インターコムでは、明細書電子化によって毎月の給与業務の効率化、コスト削減を実現し、「総務人事部門の働き方改革」を支援しているのです。今回、両社が協業することで、通勤費や交通費の申請から承認、明細配付までをウェブ上で完結できるソリューションを提供します。これによって、総務・経理担当者、従業員双方の煩雑な経費精算業務を効率化し、IT技術による「働き方改革」のさらなる支援を進めていくとのことです。

大幅遅れ来年3月以降 第一原発3号機核燃料取り出し

東京電力福島第一原発3号機の使用済み核燃料プールからの核燃料取り出し開始が二〇一九年三月以降にずれ込む見通しとなりました。核燃料取り出しに関する設備では防じん対策の部品が欠落しているなどの製造不良も見つかっており、メーカーによる製造工程の記録なども調査するということです。安全点検の結果を踏まえ、年明けにも必要な部分を修理する。本格的に設備を復旧させ、原子力規制委員会の性能検査を受けます。検査に合格した後に実施する作業員の訓練は三カ月程度かかると見込まれています。これらの作業工程に要する時間を踏まえると、核燃料取り出しは早くとも二〇一九年三月以降となるそうです。3号機の核燃料取り出しは遠隔操作が初めて導入されるなど廃炉作業の試金石となります。開始時期が中長期ロードマップに掲げた目標から大幅にずれ込むことで1、2号機のプール内の核燃料搬出をはじめ廃炉作業全般に関わる重要なデータの取得が遅れ、新たな技術開発などに影響が出る可能性があるとのことです。