「ダビンチ」で呼吸器外科手術 栃木県内初、足利日赤が成功

【足利】五十部(よべ)町の足利赤十字病院でこのほど、内視鏡手術支援ロボット「ダビンチ」を使用した、県内初の呼吸器外科の手術が行われて成功しました。ロボット支援手術は4月から保険の適用範囲が大幅に拡大されていて、同病院では今後、消化器外科や泌尿器科などさまざまな分野で活用を進めています。同病院によると、手術は10月15日に行われました。執刀したのは呼吸器外科の橋本浩平(はしもとこうへい)部長(39)です。患者は60代男性で、肺の間の「縦隔(じゅうかく)」と呼ばれる部位にできた腫瘍を切除しました。ダビンチは「サージャンコンソール」という機器に座った執刀医が、遠隔操作でロボットアームと3D内視鏡を操る。内視鏡は物体を立体的に見ることができ、手ぶれ防止や拡大の機能もあるということです。手術の際、傷口が小さく出血も少量で済むため、術後の回復が早いといった特徴があります。今回の事例では、手術時間が約3時間で翌日には歩行が可能となり、3日後には退院したということです。
遠隔操作 パソコン

一般社団法人全日本ピアノ指導者協会のテレワーク

ピアノ指導者の育成やコンクールなどのイベント運営、研究補助などを行っているのが「一般社団法人全日本ピアノ指導者協会」です。
この企業では2000年1月からテレワークを導入しており、平均して概ね週2~3回でテレワークを実施しています。
テレワークを導入したきっかけは従業員が事務所外の方が集中できると感じて試験的にモバイルワークを導入したことで、その後は優秀な主婦層の発掘があり、そこから本格的なテレワークでの在宅勤務を取り入れるようになりました。
また、データメンテナンスや入力業務、経理処理などもテレワークで行っていますし、テレワークを中心としている従業員のパソコンにはリモートソフトウェアをインストールして活用しています。
こうしたテレワークを実施するようになって経費節減効果や人材の確保効果、ワークライフバランスの実現などの効果がありますし、社内ではテレワークがないと困るという空気感があるとされています。