BIZレンジャーの遠隔サポート

遠隔サポートではオペレーターが必要となる操作を代わりに行ってトラブルや問題を解決してくれますし、初期設定や操作方法などを丁寧にサポートしてくれますので、パソコンやスマートフォンを購入したばかりの初心者でも安心ですし便利です。
その遠隔サポートを法人向けに行っているのがBIZレンジャーで、スマートフォンやパソコンの困りごとを平日は勿論のこと、土日でも対応して解決してくれます。
このBIZレンジャーの遠隔サポートは月額1050円からとなっており、受付時間は9時から21時までとなります。
スマートフォンの遠隔サポートではガラケーからスマートフォンに変えた時に陥りやすいメールの設定や様々な操作方法をサポートしています。
パソコンの遠隔サポートではメールアカウントの設定やネットワーク設定、ウィルス感染の診断や動作の重さを確認して改善方法を案内してくれます。
また、マイクロソフトオフィスの操作などのパソコン活用の遠隔サポートも行っています。

「残業監視ドローン」のスタートアップが示した日本の現実

日本企業の残業時間の長さは世界的に有名です。従業員が深夜までオフィスに居残り続ける光景は日常的になっているのです。そこで、日本のドローン関連のスタートアップ「ブルーイノベーション(Blue Innovation)」はテクノロジーの力でこの課題を解決しようとしました。同社のドローンを活用した残業監視サービス「T-FREND」は、オフィスに残った従業員たちの周囲をドローンが飛び回り、うるさい音楽を鳴らして業務を妨害したり、残業中のメンバーの姿を撮影して管理部門に報告する機能を持ちます。ただし、このサービスはブルーイノベーションが持つテクノロジーのほんの一部に過ぎません。同社のその他のサービスはさらに先進的なもので、売上的にも重要なプロジェクが数多いのです。ブルーイノベーションは企業向けの高度なドローンシステムを開発し、GPSや無線が届かないトンネルや下水管、高圧電線などを点検するシステムを提供しているのです。ワークライフバランスの改善こそが、利益を生みビジネスを発展させていきます。スタートアップがその実例を社会に示していくことが、日本企業の残業を減らすことにつながるのかもしれません。

遠隔サポートできるTeamViewerが選ばれる理由

遠隔サポートするときに使用されているのがTeamViewerです。
このTeamViewerはマルチプラットフォームに対応したリモートサポートソフトとなっており、個人や法人などで人気を集めて多く使用されています。
では、どうしてTeamViewerは多くの人や企業に選ばれているのでしょうか?
それは、遠隔サポートする側の1ライセンスで何台でも遠隔サポートできることやマルチプラットフォームに対応して様々なオペレーティングシステムに機能するからです。
また、安全性が高いことでも選ばれており、徹底した暗号化を採用していますし、不正アクセスに対する2段階認証も採用されています。
それに、製品サポートもライセンス料に含まれていますので追加料金が発生しません。
こうした遠隔サポートできるTeamViewerは、スマートフォンやタブレットなどにも対応していますが、別にモバイルデバイスサポートが必要となります。
もしも遠隔サポートする時が来たら利用してみてはいかがでしょうか。

RemoteCallはどんな遠隔サポートができるのか

遠隔サポートを安全に行えるのがRemoteCallですが、では、RemoteCallはパソコンでどのような遠隔サポートができるのでしょうか。
それは数多くあり、ファイル転送、ショートカットキーサポート、再起動や再接続、エスカレーション機能、マウスやキーボードの制御、描画、画面設定、マルチモニター支援、画面保存、URL転送、クリップボード、ホワイトボード、ライブチャットやビデオチャット、画面の転送や共有、サウンド共有、遠隔プリンター、オンラインストレージ、ネットワーク環境設定、遠隔制御環境設定などです。
また、RemoteCallはスマートフォンの遠隔サポートも行うことができ、アプリケーションのインストールから接続、多様な接続方法の提供、モバイル画面の共有と制御、データ転送最小化、デバイスキー制御、個人情報のロック、二重暗号のセキュリティ強化などです。
それと、現場作業の遠隔サポートも行うことができ、遠隔地画面共有やデータ転送最小化、フラッシュ機能の制御などが行えます。