プログラミング教育必修化でロボット玩具が人気上昇中

ヨドバシカメラ新宿西口本店 ゲーム・ホビー館でプログラミング玩具を含む知育系のロボット玩具の売れ筋を調査しました。同店の鯨陽平氏は「2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化するということで、近年は親御さんの注目度が急上昇していますね。玩具メーカーも本腰を入れて開発していますよ」と語っています。一番人気となっているのは、シー・シー・ピーの「メイロイドすすむ」。長身約12cmのトイロボットで、手拍子に反応して音声を録音したりダンスしたりするほか、「迷路モード」にするとフリーハンドで描いた線の上を進むこともできるのです。スマホに専用アプリを入れて遠隔操作することもできるというから驚きです。「約3000円のロボットですが、いろいろな遊び方ができることが直感的に伝わるのがいいですね。お子さんが自ら『これ欲しい』ということが多い製品です。自分で描いた迷路の上を走行させるなど、プログラミング学習の考え方にも通じる機能があって、親御さんにも好評ですね」メイロイドすすむがトップになった背景には、2位のタカラトミー「オムニボット タクサノイド」の品薄傾向が続いているという理由もあるそうです。

ビジモの遠隔サポート

離れたところから行う遠隔サポートは様々なトラブルや不安などを解消してくれますので有り難いサポートと言えます。
その遠隔サポートを提供しているビジモでは月額600円で何回でも遠隔サポートを受けることができます。
また、回数無制限だけではなく、他社で購入したスマホやタブレット、パソコンなども遠隔サポートしてもらうことができますし、電話もフリーダイヤルですので費用を負担することはありません。
それに、ビジモの遠隔サポートは窓口が電話対応だけではなく、チャットやメールでも対応していますので気軽に利用しやすいでしょう。
遠隔サポートできるサービスの範囲は初期設定やSDカードの取り付け方法などの各種設定、データ移行作業、メールアドレス登録、アプリの利用方法、周辺機器との接続設定、スマートデバイスの操作設定、パソコンに関わる困ったことやトラブルのクイック診断なども行っています。
こうした遠隔サポートはいざという時に利用するのも良いと思います。遠隔サポート

ウィザードの遠隔サポート

遠隔サポートを利用した人はトラブルや不安を解決することができたので安心しているのではないでしょうか。
逆に遠隔サポートをまだ利用したことがない人はトラブルや不安などを解決していないので早く利用したほうが良いと言えます。
その遠隔サポートを利用しようと考えている人はウィザードの遠隔サポートを利用してみるのも良いでしょう。
ウィザードの遠隔サポートは独自の遠隔サポートソフトウェアを使用しており、優秀な担当オペレーターがリモートサポートして問題解決をお手伝いしてくれます。
また、ウィザードの遠隔サポートは1回30分以内の利用料金が4500円で以後15分後で1500円の延長サポートとなります。
最大で2時間までのサポートとなりますが、時間内に解決できなければ出張サポートが可能となります。
こうしたウィザードの遠隔サポートはパソコンが起動しなかったりインターネットに接続できなかったりする場合は利用することができませんので注意しなければいけません。

クリックオンの遠隔サポート

電話サポートだけでは分かりにくい時に便利なのが遠隔サポートで、諦めかけていたトラブルや問題などを素早く解決することができますので多くの人が利用しています。
その遠隔サポートを行っているのが株式会社クリックオンで、まるで目の前にいるかのように素早く丁寧に遠隔サポートしてくれます。
このクリックオンの遠隔サポートは基本料金が10分1800円になっており、追加10分で1000円となりますが、1か月で2万円というサポーサービスもあります。
また、基本的な操作が中心となるパソコン指導やホームページ作成指導、業務ソフトの使い方指導などが30分2000円から4000円で受けることができます。
遠隔サポート時のセキュリティは128bit暗号通信で保護されていますので安心して利用することができます。
このようなクリックオンの遠隔サポートサービスはインターネットが繋がっていれば訪問サポートや電話サポートよりも先に利用したほうが良いでしょう。

クレスの遠隔サポート

遠隔サポートとはスマホやタブレット、パソコンなどの使い方を専門のオペレーターが遠隔操作でサポートしてくれるサービスです。
また、アプリやソフトウェアなどのダウンロードやインストール、インターネット接続や周辺機器の接続などもサポートしています。
この便利な遠隔サポートを行っているクレスでは、インターネットに接続されている環境のパソコンをリモートサポートし、電話サポートだけでは伝わりにくい操作説明を画面を共有しながら分かりやすく行ってくれます。
また、クレスの遠隔サポートは他の特殊なソフトウェアをインストールすることはありませんので簡単ですし、固定IPアドレスも必要ありません。
遠隔サポートの利用方法は、利用規約を確認してからサポートセンターに連絡し、オペレーターの接続準備が完了したらクレスのサイトから接続して実行ファイルをダウンロードします。
あとは表示されるメッセージ通りに進めるだけで遠隔サポートを始めることができます。

楽天証券の遠隔サポート

パソコンを使用する人は様々なことで利用しますが、場合によっては使い方が分からなくなることがありますし、分かっていても不安になってしまうことがあるでしょう。
そんな時に役に立つのが遠隔サポートで、パソコンを使用する人の厄介な問題や悩みなどを迅速に解決してくれます。
その遠隔サポートを楽天証券でも行っており、楽天証券を利用している人が「楽らくサポート」という遠隔サポートサービスを受けることができます。
この楽天証券の遠隔サポートサービスは無料で利用することができ、楽天証券のウェブサイトの画面操作が分からない人やマーケットスピードのインストールや操作方法などが分からない人が多く利用しています。
また、証券取引において注文入力や入出金の操作代行、利用者のパソコン環境の設定や楽天証券以外のサービス案内などは利用できません。
こうした楽天証券の遠隔サポートはオペレーターが丁寧に説明しながら分かりやすくサポートしていますので誰でも気軽に利用することができるでしょう。