リモートコントロールが便利!そのメリットとは?

皆さんこんにちは。今日はリモートコントロールのお話です。
最近話題になっているリモートコントロール。
リモートコントロールをまだ使用したことがない人もいるはずです。リモートデスクトップとは何?というところから学んでいきましょう。
○リモートコントロールとは
リモートコントロールとは、パソコンから他のパソコンを操作できるコントロールのことをいっています。
リモートコントロールは、コントロールされる側を「ホスト」、コントロールする側を「クライアント」と呼んでいます。
このリモートコントロールの中で、Windows OSに標準機能としてついているのが「リモートデスクトップ」です。
ただし利用できるWindows OS(Professionnal以上)が制限されていることもあり、フリーウェアの「Real VNC」を利用する方法もあります。
「Real VNC」を利用したリモートコントロールでは、Windows OSを選ばず動作させることも可能です。
○レスポンスの速さが魅力
リモートデスクトップはリモートコントロール機能として、いくつも優れた機能を持っていますが、その大きなメリットというのは、反応の速さでしょう。
プログラムそのものが優れており、Windows OSの標準機能なので親和性が高いです。
さらに、「リモートデスクトップ」はWindows OS設定の「ユーザーアカウント」と完全に連動しているため、ホストコンピューターにログオンするのと同様の感覚で、リモートコントロールすることができます。
接続ユーザーが事前にデスクトップ装飾や解像度設定を行うことも可能となるでしょう。

大きい音量がスマホのバッテリーを減らしてしまう?

スマホのバッテリーがいつもすぐ切れてしまうというあなた。
実は意外な盲点があるかもしれません。
知らず知らずにバッテリーが減ってしまう原因は、実は意外なところにあったのです。
○大きい音量を出している?
スマホのスピーカーで大きな音量に設定していると、その分多めにエネルギーを消費してしまいます。バッテリーを減らしたくなければ、ミュートにするのが効果的です。
音声は音楽アプリに限らず、幅広いアプリが再生しています。
特にフェースブックの自動再生動画は、厄介でしょう。
知らない間に吸われてしまっている事もあるので、意識してみるといいです。
○アプリの強制終了はおすすめしない?
ちなみにですが、できればアプリの強制終了はやめておいた方がいいでしょう。
AndroidもiOS、バックグラウンドに控えているアプリ管理も、バッテリーに影響してきます。
強制終了するよりも、勝手にやらせておいた方が省エネ効果は増していくのです。
○終わりに…
大音量にしない、強制終了させないというのは、ある意味シンプルで当然のことに思えますが、実はこまめに気を付けている人も少ないものです。
意外と盲点なので、ぜひ日々の生活で気を付けてみてくださいね。

リモートアクセスって何?

皆さんこんにちは。今日は、「リモートアクセス」とは何か、どのような利便性があるのかについてご紹介していきます。是非ご参考のしてみてください。
○リモートアクセスとは
リモートアクセスは、遠く離れたところにいながら、自分の席でパソコンを操作できるものですが、用途はそれだけに留まりません。
他人の業務サポートや会議の場で利用できる資料の展開、自社内での業務の効率化、商談方法の多様化などにも役立ちます。
利用シーンも幅広く、ビジネスに取り入れるととても重宝するでしょう。
○ビジネスシーンではどんなところが便利なの?
リモートアクセスは、ビジネスシーンでもとても役立つものです。
会議に利用するUSBメモリにコピーして持ち歩くこともできます。
共有フォルダへコピーをするのは会議の都度手間がかかってしまいますが、リモートアクセスを利用すれば、自分の席でPCに会アクセスし、直接PCからデータを表示させることが可能です。(会議室にプロジェクターに接続されたPCがある時)
これならデータを移動させる手間も省けるでしょう。

今の時代にぴったり!「リモートアクセス」って何?

「リモートアクセス」という言葉はご存知ですか?
リモートアクセスとは、インターネットなどの通信回線を使って遠隔地の情報システムやファイル、データにアクセスして利用できるアクセスシステムのことをいっています。
リモートアクセスによって、時間と場所は関係なく、いつでもどこでも作業することができます。
○リモートアクセス発展の背景
リモートアクセスが発展した背景には、インターネット網の整備と働き方の変化が挙げられます。
これまでは、リモートアクセスは専用回線で利用されてきました。
これを利用できるのは一部の大企業に限られていましたが、ネット環境が整備され、手軽に、低価格でも利用できるチャンスが増えてきたのです。
○多様な働き方に対応できるリモートアクセス
最近は働き方改革が注目されていますが、これはリモートアクセス発展の一因とも言えるでしょう。
在宅勤務やフレックスタイム制を導入したことによって、オフィス以外にも在宅やカフェを利用する機会が増えてきました。
自由な時間に働くことができ、新たな働き方が広まってきています。
このような働き方改革を実現するためにも、時間と場所の制約のないリモートアクセスは、まさに現代のニーズに適応しています。
リモートアクセスのメリット
場所と時間の制約がない
リモートアクセスを利用することでデータやメッセージを早く、そして簡単にやり取りできます。
ツールの例としては、メールやチャットツールなどが挙げられます。これによって業務に支障をきたさずにリモートワークが可能になります。