スマホのバッテリーが減りややすい原因は温度にもあった?

動画やアプリの起動時間が長ければ、その分スマホのバッテリーもすぐ減っていってしまうというのは、ご存知の方も多いでしょう。
スマホのバッテリーが切れやすい原因はいくつかありますが、その一つに「温度」があります。
これ、意外と知られていないのでは?
温度によってスマホのバッテリーが減りやすくなってしまうとは、いったいどういうことなのでしょうか。
○バッテリーも暑さと寒さに弱い?
夏のムンムンとした暑さや、冬のキーンとくる寒さ、私たち人間も苦手ですが、実はスマホのバッテリーも大の苦手。
暑すぎる・寒すぎるといった、負担のかかる厳しい温度は、エネルギーをたくさん消耗してしまうので、スマホのバッテリーも減っていってしまいます…。
スマホを高温のところにずっと置いておくと、内部の化学物質も影響されやすく、ダメージを受けてしまうでしょう。
そのせいでエネルギーがなくなってしまい、自動的に電源が切れてしまうこともあります。

遠隔サポートがもたらしてくれるメリットって?

皆さんこんにちは。今日は遠隔サポート(リモートアクセス)についてのお話です。
現代では、タブレットやスマホが普及したことにより、リモートアクセスが容易になっている環境です。
しかし情報漏えいの問題がニュースになることも多く、セキュリティ面も強化されなければなりません。
そんな遠隔サポートですが、具体的にどのようなメリットがあるのか、ご紹介していきます。
○遠隔サポートを導入するメリット2点
遠隔サポートで得られるメリットを2点に絞って、簡潔にご紹介します。
・多様な端末から安全に社内ネットワークへアクセス可能
・自分のパソコンで社外から社内ネットワークに素早くアクセス可能
例えば会社に出勤できない状態でも、遠隔サポートサービスがあれば、セキュリティも確保しつつ、社内データに容易にアクセスすることができるわけです。
最近は災害や事故などの緊急時から、育休や在宅ワークなど働き方も多様になってきています。
そんな幅広いワークスタイルに、遠隔サポートは柔軟に対応してくれるのが魅力です。

リモートアクセスがあれば社外からデータを持ち出すこともありません

多くの会社でパソコンを中心に業務を行っています。
これは出張先でも同様の事が言えますが、企業によっては、社内で使っているパソコンを持ちだすことを禁止しているところも多いです。
このような場合、出張先では別のPCを使う事になり、不便に感じてしまう方も多いのでは?
社内のPCからUSBメモリなどへデータをコピーして持ち歩くことになりますが、この時、どうしてもリ心配してしまうのが、盗難や紛失のリスクです。
データが紛失、盗難にあってしまうと、そこから情報漏えいなどのトラブルが生じてしまうことになります。
○リモートアクセスできればデータを持ち出す必要がない!
リモートアクセスであれば、このようなデータを持ち出す必要はありません。
ネット環境さえあれば、何もデータの入っていないパソコンからでも、社内のパソコンへ接続し、データの閲覧や編集が可能となるので、大変便利です。
ちなみにパソコン自体にデータは入っていないため、もしも出張用パソコンを紛失しても問題ありません。
リモートアクセスに必要なID・パスワードを変える、権限を変更するなどすれば、社内パソコンへのアクセスもできなくなるでしょう。

あの世にスマホを持って行く事ができるか?難問

スマホやパソコンなどのデジタル機器でメールやライン、写真、文書の保存、ネット取引などをしている人が多いのは、珍しいことではありません。
もしもご自分の身に何かあった時、機器内に残されたやりとりやデータは、どのようにすればいいのでしょうか?
○スマホやPCを残してあの世に行く事ができるのか?
皆さんは、パソコンやスマホを残してあの世に行く事ができますか?という質問に対して、11月中旬、大阪市にあったデジタル終活セミナー、講師を務めた日本デジタル終活協会代表理事の伊勢田篤史弁護士(34)の問いかけに、参加者の一人で、兵庫県三田市の野間和美さん(48)は「死ねない」と思っていると言いました。
野間さんは、ブログやフェイスブックなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を日常的に使っています。
「デジタルデータは形ではなくても、残ってしまいます。
自分に何かあった時、データがどうなっているのか気になっていた」と、参加した理由を明かします。
デジタル機器内には個人情報も多く、気軽に頼めるものではありません。
9月下旬には神戸市で関西デジタル遺品シンポジウムが開催され、弁護士や司法書士、住職など約30人が参加しました。
一般社団法人「デジタル遺品研究会ルクシー」代表理事の古田雄介さん(40)は、「機器の持ち主が何の準備もしていないと、遺族はものすごく大変なんです」と語りました。
最近では、持ち主以外がパソコンやスマホなどを使えないようにするには、ロック機能が強化されています。
機器の中のどこにどのようなデータがあるのかも、持ち主以外の人が把握するのはなかなか難しいことです。
デジタル遺品は、遺族から「見えない」のが最大のネックな点だと話しています。

ドコモのあんしん遠隔サポートサービスが便利!

スマホの操作方法が分からない時、あると便利なのが、「遠隔サポート」です。
NTTドコモでは、タブレットやスマホの操作方法を、遠隔サポートするサービス「スマホあんしん遠隔サポート」を展開しています。
ドコモのあんしん遠隔サポートと言えば、コールセンターのスタッフが、端末の操作に行き詰まったユーザーの端末画面を遠隔操作で確認し、操作方法を案内するものです。
リモートデスクトップサービスなどを提供している韓RSUPPORTの技術を採用し、専用のフリーダイヤルとアプリを利用して実現しました。
2月下旬~3月に発売する「MEDIAS ES N-05D」から、対応を順次開始しています。
価格は月額420円で、「ケータイ補償お届けサービス」とセットで加入すると、126円。
○スマホへの問い合わせが急増している?
今や携帯電話のラインアップはスマホが主流となり、ITに関心の高いユーザーに限らず、幅広い層がスマホを利用しています。
これに伴って増えているのが、スマホの使い方に関するお問い合わせです。
ドコモのマーケティング部ロイヤリティプログラム担当部長の三嶋俊一郎氏によると、携帯電話の操作に関するコールセンターへの問い合わせは、2011年6月に14万件だったのが、12月には25万件と、半年で約1.8倍に膨れ上がりました。
スマホは従来型の携帯と違い、「パソコンの性格も持ちあわせています。
不慣れなユーザーが操作に行き詰まるケースも多いです。
このような問題に対して、ドコモはこれまでコールセンターの増強などで対応してきましたが、より顧客満足度を高めるためにも、新サービスに乗り出しています。

遠隔サポートサービスにはオプションもあります

最近、フレッツ光の遠隔サポートサービスに加入する人達が増えています。
契約していれば、パソコンやスマホを使っていてわからない事があれば、いつでも対応してもらう事ができます。
○遠隔サポートでも解決できなければ訪問サポートもしてくれます
もしも遠隔サポートを受けていてもご不明点が改善されない場合には、訪問サポートサービスをご利用する事もできます。
これには別途料金がかかってしまいますが、詳しくはNTTにお問い合わせください。
○もっとパソコンスキルを磨きたい!という時のオンラインパソコン教室も
オンラインパソコン教室に関しても、オプション価格がかかってきますが、パソコンスキルを伸ばすのに役立つので、人気があります。
○全てのパソコン・スマホが対象になるわけではない?
注意点としては、全てのパソコンやスマホが遠隔サポートサービスの対象として含まれるわけではないという事です。
例えばWindows 98前に出ていたWindows OSやMac OS 10.4以前のMac OS、
その他のOSは対象外となるので、お気を付けください。

遠隔操作ってどんなもの?

皆さんこんにちは。今日は遠隔サポートについてのお話です。
遠隔サポートとは「リモートサポート」とも呼ばれており、お客さんが見ているPCの画面を、技術スタッフも共有し、同じ画面を確認しながら説明してもらえるといったサービスです。
○ブロードバンド回線を利用して遠くにいながら遠隔サポートが受けられる!
遠隔サポートは電話で相談する際、プロードバンド回線を利用して、お客さんのパソコンの画面を、技術スタッフも確認する事ができます。
遠隔サポートの何がいいかというと、電話だけでは伝わりにくかった内容でも、画面を見ながらよりわかりやすくアドバイスしてもらえるところです。
技術スタッフは遠くにいながらも、お客さんのPCを遠隔操作して、画面上にマーカーをつけてわかりやすく示す事も可能です。
○遠隔操作も利用可能
お客さんにとって複雑な操作を代行する事もできるので、迅速にトラブルを解決する事ができるのです。
○サポートを受ける前の前提
最近は、様々なメーカーが遠隔サポートサービスの加入を受け付けていますが、その会社によって加入条件が異なるので、注意が必要です。
遠隔サポートサービスを利用するには、指定の商品を購入する必要もあるので、事前に確認してみましょう。

遠隔サポート用ソフトウェア「TeamViewer 13」を開発したTeamViewerって?

システムソフトウェアを販売している株式会社ライフボートは、ドイツが開発した遠隔サポート専用ソフトウェアの最新版「TeamViewer 13(チームビューア13)」のパッケージ版を発売しました。
○TeamViewer 13で遠隔サポートも安心・安全!
eamViewer 13のユーザーは、最高水準のセキュリティが確保された環境で、遠隔サポートや遠隔操作のサービスなどが利用できます。
オンライン会議にも応用できて、ビジネスに大変役立つソフトです。
○TeamViewer社とは?
TeamViewer社は2005年に設立された会社です。
高いクラウド技術を基盤として、遠隔サポートなどのオンラインサービスを中心に、国際的に展開してきました。
遠隔サポートやコラボ向けのソフトウェアの開発・提供を行っています。
遠隔サポートやリモートアクセス、オンラインコラボレーション市場に力を注ぐTeamViewerは、世界で15億台以上の端末でインストールされ、そのうち2,500万台が、常にオンライン稼働しています。
さらに30以上の言語に対応しており、Fortune 500の90%の企業からも信頼されている、評価の高い会社です。

OrangeOne株式会社が各OSに対応できる遠隔サポート機能を搭載?

パソコンの遠隔サポートサービスを提供する大手会社に、「OrangeOne株式会社」があります。
(OrangeOne株式会社はエヌケーホールディングス、韓国RSUPPORT社、ジェネサスの3 社によるジョイントベンチャーとして、2006年11月に設立されました。)
OrangeOne株式会社はWindows 7に対応した「RemoteCall V4.0」、「RemoteCall5」を販売しています。
○様々なOSで遠隔サポートが可能になった
販売を開始したのは10月ですが、この時同時に、現在の「RemoteCall V4.0」、「RemoteCall5」サービスをWindows 7に対応できるように、更新を行ってきました。
これによって、様々なOS (Windows95/98/Me/2000/2003/XP/Vista/7,MacOS)のパソコンを遠隔サポートする事が可能になりました。
さらに「RemoteCall」の技術の提供元であり、国内の遠隔サポート市場で71%のシェアを誇るRSUPPORT株式会社は、今回の「RemoteCall」のWindows 7に対応しています。
マイクロソフトからWindows7の互換性認証を受け、「Compatible with Windows 7ロゴ」 を獲得しました
この「Compatible with Windows 7ロゴ」はWindows 7 上で、いい動きを行う製品として、マイクロソフトが規定したテストに合格した製品に与えられるものです。

ドコモのあんしん遠隔サポートサービスについて

皆さんこんにちは。ドコモのスマホを使っている人の中には、あんしん遠隔サポートサービスに未加入の方もいらっしゃるでしょう。
入っておくと何かとお得です。また、パックのオプションもあります。
○あんしん遠隔サポートと補償サービスがついたパックを選ぶのがおすすめです
あんしん遠隔サポートという名前から、大体は想像できるはずです。
ドコモのあんしん遠隔サポートは、故障した時や、ネットのセキュリティ対策をまとめたパックもあります。
スマホが故障してしまった時、実費でスマホの修理代を出すとなると、大きな出費につながってしまいますよね。そんな時でも、補償サービスと遠隔サポートサービスがパックになったものを選んでおくと、何かトラブルが発生した時も、自費を少しでも安く抑える事が可能です。
いざという時のためにも、補償サービスに加入しておく事は、大事な事です。
単体で加入する場合、端末によっては料金も変わってきてしまいますが、iPhone/iPadであれば、月額500~750円、android端末であれば月額380~500円かかってくるでしょう。